交通事故発生後の対応に関する誤解

最近では、インターネット上に情報があふれており、その情報の真偽もわからずに自分にも当てはまると勘違いしたり、ご近所の物知りなどによる体験談(うわさ話)をうのみにしてしまう人がいるのも事実です。

そして、交通事故発生後の対応に関して、誤った考えに基づいて行動してしまうと、場合によっては納得のいかない解決をむかえてしまうことがあります。

いまからでも遅くないこともありますので、ご自身の交通事故発生後の対応をぜひ振り返ってみてください。

誤解① 加害者がすべて対応してくれるはず・・・

「私のほうで保険会社に電話して、保険会社から連絡させますから」、「治療費は保険会社が払いますから」など、交通事故発生後に加害者の口から謝罪の言葉とともによく聞かれる言葉です。

ほっと安心して、保険会社からの連絡をまつものの、1週間経っても連絡が来ないので、病院にも行っていない。
名前と住所、携帯電話番号は教えてもらったけど、それ以外は聞いておらず、携帯電話にかけてもなかなかつながらない・・・。

これは実際にあったケースで、その後、2週間経ってようやく加害者側の保険会社から連絡があり、事故とケガの関連性(因果関係)の調査が済むまで、しばらく健康保険を利用して自費で通院することになりました。

救急搬送されているような場合は別として、被害者が事故現場で確認しないといけないことは、①加害者の住所と氏名(可能なら運転免許証などの写をもらいましょう)、②加害者の車両の所有者やナンバー(可能なら車検証も見せてもらいましょう)、③加害者加入の保険会社(あれば「任意保険証書」も確認させてもらいましょう)になります。

こちらの確認は、被害者に生じた損害を適切に賠償してもらうためにも必要な情報となってくるので、ぜひとも行っていただきたいことです。

なお、いったん治療費を立て替えて払うことにはなりますが、万が一、加害者側の保険会社からの連絡がすぐにこなかったとしても、健康保険などを利用して病院での治療を速やかに開始してください。

時間が経てば経つほど、事故とケガとの関連性(因果関係)を疑われてしまいます。
保険会社から連絡がなかったら、または治療費を立て替えたくないから病院へ行かなかったという理由が認められるほど、現実は甘くありません。

誤解② 人身事故にはしないほうがいい?

バイクで走行中、コンビニから出てきた加害者の車に追突されてしまいました。

その後、事故現場にきた警察官から「人身事故にするとあなた(被害者)も刑事処分を受けるから、物損事故j(人の死傷ががなかった事故)にしなさい」と言われました。
また、加害者側の保険会社の担当者も「物損事故でも治療費は払いますよ」と言ってくれています。

刑事処分を受けたくないし、治療費も払ってくれるなら問題ないと考え、人身事故の届出をしていません。

この手の話は多いですが、警察官と保険会社hの担当者が言っていることは本当なのでしょうか?

結論から言えば、保険会社の担当者が言っていることだけが本当(真実)ということになります。

誤解している方が多いのですが、刑事処分を受けさせるか否かを決めるのは「検察庁」という捜査機関であって、警察ではありません。

また、残念なことに、警察官のなかには、「人身事故になると実況見分調書を作らなければならず、手間と時間がかかる」という理由で、物損事故扱いにしようと誘導する人がいるのも事実です。

警察は人身事故にしないと、事故の状況を詳しく記録した刑事記録(実況見分調)を作成してくれません。

そうなると、後々、過失割合(加害者・被害者どちらに、どのくらい事故を起こした責任があるか、その割合)で争いになったとき、よりどころとなる証拠に乏しいという事態になってしまいます。

他方で、加害者側の保険会社の担当者が言っていることはウソではないので、当面、治療費の支払いは続けてくれます。

ただ、物損事故扱いにしてしまうと、軽微な事故として扱われるおそれがあるので、やはりお勧めすることはできません。

事故から月日が経っていないのであれば、警察も人身事故として受け付けてくれる可能性がありますし、病院も診断書を発行してくれるはずです。

事実としてケガをしているのであれば、病院から診断書を発行してもらい、人身事故としての届出を警察にしましょう。

誤解③ 事故現場で「お見舞い金」や「口止め料」をもらいました

加害者側から「迷惑をかけたので」と言われて「お見舞い金」をもらい、人身事故にしなかったお礼として「口止め料」をもらったのですが、加害者側の保険会社からは「示談金から差し引きます」と言われました・・・。

実際、このようなケースは事故の当事者間にあることで、特に加害者が仕事中で「会社にばれると困るため、これだけ払うので、示談してください!」と言われて「示談書」のたぐいを作成してしまうと、取り返しのつかないことになります

直接、加害者に金品を求めるのはもちろんのこと、加害者から「お見舞い金」や「口止め料」の名目で金品を受領することは、控えるのが望ましいといえます。

ちなみに、過去の裁判例になりますが、「お見舞い金」や「口止め料」を受け取ってしまった場合、それが「損害を補てんする趣旨」と考えられる場合には、損害賠償額(示談金)から差し引かれる可能性があるとの判断がなされています。

また、「損害を補てんする趣旨」と考えられない場合であっても、傷害慰謝料(入通院の慰謝料)算定の一事情として、考慮されてしまうこともあります。
すなわち、賠償金を別にもらえると思っていたら、お見舞い金などが賠償の一部と判断され、最終的にもらえる額が減ってしまう結果になってしまうのです。

誤解④ 弁護士に頼むと安心だけど、お金はたくさんかかる?

①「弁護士に任せれば安心」でも、②「お金がたくさんかかってしまう」と考えている被害者の方がほとんどではないでしょうか?

正直に申し上げると、①と②いずれも間違いなく「正しい」と回答することはできません

たしかに、弁護士に任せることで、複雑な手続きや書面作成、示談交渉などを代わりにやってくれるわけですから、手間と時間がかからなくなりますし、加害者側の保険会社の担当者との交渉のストレスから解放されることになります。

しかし、「弁護士に任せれば安心」と考えるのは誤解です。
各弁護士にも取扱い分野(得意とする分野)はありますし、交通事故は保険や医学的知識などが複雑にからむので、必ずしも簡単な案件ということはできません。

また、弁護士に任せれば、なんでもやってくれるというわけではありません。
事故の当事者は、あくまで被害者自身です。

ただ、ご自身(被害者)の加入している保険会社の特約に「弁護士費用等補償特約」という特約がついている可能性があります。

この特約を使うことができれば、弁護士費用や実費を自分の保険会社が一定限度負担してくれるので、自分の懐(財布)からお金を出さなくてすむケースもあるのです。

また、もし「弁護士費用等補償特約」を使えなかったとしても、弁護士報酬や実費を「後払い」(得られた示談金から精算する方法)で対応してくれる弁護士もいます。

ご存知ないかもしれませんが、弁護士報酬は、各弁護士によって自由に決めてよく、弁護士事務所によっても異なります。
弁護士費用などが高すぎると感じれば、別の弁護士を探せばいいだけなのです。

ただ、弁護士費用はどうであれ、やはり被害者にとって一番よいことは、被害者の味方になって、一生懸命やってくれる弁護士とめぐり会えるということに尽きると思います。

弁護士費用等補償特約が利用できる人の範囲

① 保険契約を締結している人
② ①の配偶者(内縁を含む)
③ ①または②の同居の親族
④ ①または②の別居の未婚の子
⑤ ①~④以外で、保険契約をしている自動車に搭乗中の人

※各保険会社の特約内容は保険会社によって違いがありますので、必ず自分の保険会社(任意保険証書に記載されている連絡先)に確認してみましょう。

交通事故相談窓口は交通事故被害解決の専門窓口です。

交通事故慰謝料 交通事故被害者 むち打ち 頚椎捻挫 骨折 通院 入院 慰謝料 治療費 むち打ち 損害賠償 むち打ち 車両修理費 むち打ち 保険 自賠責保険 死亡事故 裁判 保険会社 示談交渉 対応 症状固定 診断書 後遺症 後遺障害等級 むち打ち 障害診断書 むち打ち 記録 弁護士 自動車保険 無料相談 むち打ち ち打ち 4時間対応 事故証明 警察 救急車 病院 搬送 死亡事故 賠償金 過失割合 むち打ち 額 休業損害 むち打ち 事故 物損事故 交通費 タクシー代 むち打ち 代 ガソリン代 代車 工場 勤務先 むち打ち  所得証明 むち打ち むち打ち  むち打ち 基準 自賠責保険基準 整形外科 精密検査 MRI レントゲン CIスキャン 放射線 総合病院 整骨院 接骨院 むち打ち ち打ち 灸院 肩こり 頭痛 自律神経 症状 吐き気 処方箋 薬 むち打ち  コルセット 腰痛 首 追突事故 むち打ち 捻挫 死亡事故 交通違反 弁護士特約 慰謝料請求 後遺障害等級認定 保険会社との示談交渉 通院 入院 整形外科 整骨院 交通費 むち打ち 費 慰謝料 休業損害 休業補償 示談 保険金 人身事故 物損事故 弁護士特約 任意保険 自賠責保険 相手方との示談交渉 無料相談 むち打ち

最近では、インターネット上に情報があふれており、その情報の真偽もわからずに自分にも当てはまると誤解されたり、ご近所の物知りなどによる体験談(うわさ話)をうのみにしてしまう人がいるのも事実です。

そして、交通事故発生後の対応に関して、誤った考えに基づいて行動してしまうと、場合によっては納得のいかない解決をむかえてしまうことがあります。

いまからでも遅くないこともありますので、ご自身の交通事故発生後の対応をぜひ振り返ってみてください。

追突事故などの交通事故被害解決は交通事故相談窓口へ。

突然の交通事故によって被害者となり、平然としていられる人はいません。

  • 「治療費はどうなるの?」

  • 「事故のせいで収入が減ってしまった…」

  • 「解決までの流れがわからない…」

  • 「保険会社からの示談金の提示額は妥当なの?」

など、生活が一変してしまった交通事故の被害者やそのご家族の不安や疑問は挙げればきりがないでしょう。

交通事故相談窓口は、こうした交通事故に関する疑問はもちろん、交通事故を専門とした弁護士が対応することで、加害者や保険会社との交渉の代理が可能です。

交通事故相談窓口は、1人でも多くの方が納得できる解決、適正な解決金を受け取ることができるようにサポートいたします。

保険会社との示談交渉や各種申請手続はすべて弁護士がおこなうので安心です。

交通事故慰謝料 交通事故被害者 むち打ち 頚椎捻挫 骨折 通院 入院 慰謝料 治療費 むち打ち 損害賠償 むち打ち 車両修理費 むち打ち 保険 自賠責保険 死亡事故 裁判 保険会社 示談交渉 対応 症状固定 診断書 後遺症 後遺障害等級 むち打ち 障害診断書 むち打ち 記録 弁護士 自動車保険 無料相談 むち打ち ち打ち 4時間対応 事故証明 警察 救急車 病院 搬送 死亡事故 賠償金 過失割合 むち打ち 額 休業損害 むち打ち 事故 物損事故 交通費 タクシー代 むち打ち 代 ガソリン代 代車 工場 勤務先 むち打ち  所得証明 むち打ち むち打ち  むち打ち 基準 自賠責保険基準 整形外科 精密検査 MRI レントゲン CIスキャン 放射線 総合病院 整骨院 接骨院 むち打ち ち打ち 灸院 肩こり 頭痛 自律神経 症状 吐き気 処方箋 薬 むち打ち  コルセット 腰痛 首 追突事故 むち打ち 捻挫 死亡事故 交通違反 弁護士特約 慰謝料請求 後遺障害等級認定 保険会社との示談交渉 通院 入院 整形外科 整骨院 交通費 むち打ち 費 慰謝料 休業損害 休業補償 示談 保険金 人身事故 物損事故 弁護士特約 任意保険 自賠責保険 相手方との示談交渉 無料相談 むち打ち

交通事故相談窓口では、交通事故案件に最も精通した弁護士により、円滑な交通事故問題の解決に全力で取り組みます。

弁護士費用には任意保険の弁護士費用特約が利用可能です。

ご自身の入られている任意保険に弁護士費用特約ついてなくても、交通事故相談窓口の弁護士費用は任意保険の弁護士費用特約が利用できます。

弁護士に相談または依頼をするタイミング

「いまは特に困っていないけど、弁護士にいつ相談・依頼をすればいいの?」という質問は意外と多いです。
「なるべく早めに相談を」というのが答えですが、困っていなくても、事前に今後の解決までの流れを把握しておくだけでも安心できます。

相談または依頼するタイミングは以下のようになります。

  1. 交通事故発生直後
  2. 治療中
  3. 後遺障害等級認定の申請前
  4. 示談交渉段階

ご自身(被害者)の状況・希望をふまえ、依頼したほうがよいタイミングなら、まずは交通事故相談窓口までご相談ください。

交通事故相談窓口は24時間・日本全国対応です。

交通事故慰謝料 交通事故被害者 むち打ち 頚椎捻挫 骨折 通院 入院 慰謝料 治療費 むち打ち 損害賠償 むち打ち 車両修理費 むち打ち 保険 自賠責保険 死亡事故 裁判 保険会社 示談交渉 対応 症状固定 診断書 後遺症 後遺障害等級 むち打ち 障害診断書 むち打ち 記録 弁護士 自動車保険 無料相談 むち打ち ち打ち 4時間対応 事故証明 警察 救急車 病院 搬送 死亡事故 賠償金 過失割合 むち打ち 額 休業損害 むち打ち 事故 物損事故 交通費 タクシー代 むち打ち 代 ガソリン代 代車 工場 勤務先 むち打ち  所得証明 むち打ち むち打ち  むち打ち 基準 自賠責保険基準 整形外科 精密検査 MRI レントゲン CIスキャン 放射線 総合病院 整骨院 接骨院 むち打ち ち打ち 灸院 肩こり 頭痛 自律神経 症状 吐き気 処方箋 薬 むち打ち  コルセット 腰痛 首 追突事故 むち打ち 捻挫 死亡事故 交通違反 弁護士特約 慰謝料請求 後遺障害等級認定 保険会社との示談交渉 通院 入院 整形外科 整骨院 交通費 むち打ち 費 慰謝料 休業損害 休業補償 示談 保険金 人身事故 物損事故 弁護士特約 任意保険 自賠責保険 相手方との示談交渉 無料相談 むち打ち

交通事故相談窓口では、日本全国、24時間対応でご相談をお受けしております。
交通事故の状況や、その後のお怪我の具合などのお話をお伺いした上で解決策をご提案いたします。守秘義務を徹底し、弁護士法に則り、コンプライアンスに基づいた運営をおこなっております。

交通事故の解決には、依頼人様の協力も必要です。

交通事故慰謝料 交通事故被害者 むち打ち 頚椎捻挫 骨折 通院 入院 慰謝料 治療費 むち打ち 損害賠償 むち打ち 車両修理費 むち打ち 保険 自賠責保険 死亡事故 裁判 保険会社 示談交渉 対応 症状固定 診断書 後遺症 後遺障害等級 むち打ち 障害診断書 むち打ち 記録 弁護士 自動車保険 無料相談 むち打ち ち打ち 4時間対応 事故証明 警察 救急車 病院 搬送 死亡事故 賠償金 過失割合 むち打ち 額 休業損害 むち打ち 事故 物損事故 交通費 タクシー代 むち打ち 代 ガソリン代 代車 工場 勤務先 むち打ち  所得証明 むち打ち むち打ち  むち打ち 基準 自賠責保険基準 整形外科 精密検査 MRI レントゲン CIスキャン 放射線 総合病院 整骨院 接骨院 むち打ち ち打ち 灸院 肩こり 頭痛 自律神経 症状 吐き気 処方箋 薬 むち打ち  コルセット 腰痛 首 追突事故 むち打ち 捻挫 死亡事故 交通違反 弁護士特約 慰謝料請求 後遺障害等級認定 保険会社との示談交渉 通院 入院 整形外科 整骨院 交通費 むち打ち 費 慰謝料 休業損害 休業補償 示談 保険金 人身事故 物損事故 弁護士特約 任意保険 自賠責保険 相手方との示談交渉 無料相談 むち打ち

交通事故トラブルの解決には、弁護士が対応いたします。
委任契約をした時点で、委任後もご依頼者様からの情報や協力は必要です。
交通事故相談窓口は、ご依頼者様と一丸となって交通事故トラブルを解決いたします。

交通事故相談窓口に依頼するメリット

弁護士がサポートします!

交通事故相談窓口には、交通事故の分野に精通した弁護士が対応いたします。
交通事故を専門とする弁護士の知識や解決ノウハウを活用することができますので、様々な問題の事情をしっかりと踏まえた、きめ細かで迅速な解決を図ることが期待できます。

プライバシーや秘密を守ります

交通事故相談窓口の手続きは、一般に非公開で行われます。
あなたのプライバシーや秘密などもきちんと配慮されますし、他人に知られることなく問題の解決を図ることができます。

納得できる解決をサポートします

交通事故相談窓口は、弁護士の第三者を交えた話し合いによって、あなたも相手方もお互いに納得がいく解決を目指しています。
交通事故問題が円満に解決するだけでなく、問題が解決された際には、お互いの関係を改善したり、一層発展させることも期待できます。
交通事故相談窓口は、当事者の意向を踏まえながら、迅速かつ柔軟に手続きを進め、問題の実情に合わせて、お互いが納得できる妥協点を探ることができます。

手続きの内容や費用がわかります!

交通事故相談窓口では、あなたにとって気になる手続きの内容や費用などの重要なポイントを、ご利用頂く前に、必ず、弁護士から説明を受けることになっています。
本当に自分にとってふさわしい解決方法なのか、よく考えてから利用することができます。

交通事故相談窓口は日本全国対応です。

交通事故相談窓口交通事故慰謝料 交通事故被害者 死亡事故 むち打ち 頚椎捻挫 骨折 通院 入院 慰謝料 治療費 損害賠償 車両修理費 任意保険 自賠責保険 保険会社 示談交渉 対応 症状固定 診断書 後遺症 後遺障害等級 後遺障害診断書 通院記録 弁護士 自動車保険 無料相談 24時間対応 事故証明 警察 救急車 病院 搬送 死亡事故 賠償金 過失割合 損害額 休業損害 人身事故 物損事故 交通費 タクシー代 電車代 ガソリン代 代車 工場 勤務先 自営業 所得証明 裁判所基準 弁護士基準 自賠責保険基準 整形外科 精密検査 MRI レントゲン CIスキャン 放射線 総合病院 整骨院 接骨院 鍼灸院 肩こり 頭痛 自律神経 症状 吐き気 処方箋 薬 湿布 コルセット 腰痛 首 追突事故 むち打ち 捻挫 死亡事故 交通違反 弁護士特約 慰謝料請求 保険金 後遺障害等級認定 保険会社との示談交渉 通院 入院 整形外科 整骨院 交通費 治療費 慰謝料 休業損害 休業補償 示談 保険金 人身事故 物損事故 弁護士特約 任意保険 自賠責保険 相手方との示談交渉 無料相談 むち打ち

ご相談・法律手続きは日本全国対応

北海道

青森県岩手県秋田県山形県宮城県福島県

新潟県富山県石川県福井県

栃木県茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県

京都府奈良県大阪府兵庫県和歌山県

岡山県鳥取県島根県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

大分県福岡県宮崎県佐賀県長崎県熊本県鹿児島県

沖縄県

お電話からのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

交通事故相談窓口 死亡事故 人身事故 物損事故 むち打ち 示談交渉 後遺障害等級認定 入通院慰謝料 無料相談